<分析思考>(“Analytical”)®︎の特徴

「私は、気づいたら考えこんでいるんです。ただただ真実を知りたくて」

<分析思考>という資質は「とにかく考え抜く」ことにつながる才能の集まりです。目の前に提示された情報を鵜呑みにせず、真実が知りたい、もっと良い答えがあるかもしれない、という思いにより深い思考に没入します。納得できる答えを導き出すまでは周囲が目に入らず、口を開かないこともあります。

分析したいという衝動は沈思黙考というかたちだけで表現されるとは限りません。相手の意見や主張についてエビデンスを求めたり、別の可能性を提示することもあります。これらの行動は全て真実を明らかにするためなのですが、その真意がつたわらなければ頑固で常に批判的なひとだと思われがちです。

端的に表すとどんな人?

<分析思考>を上位資質に持つ人を形容する言葉として「冷静な」や「探求的な」、そして「動じない」などが挙げられます。クリティカルシンキングが得意だという表現もふさわしいでしょう。

一方人間関係においては、すぐに他人の意見や考えを受け入れないところから「頑固な」や「人間味が薄い」と見られることもあるかもしれません。

どのような才能の集まり?

  • 主張や結論の根拠となる理論の強固さを追求します
  • 客観的に物事を見つめます
  • データの中からパターンを見つけ出すことができます
  • 一歩一歩疑問を解き明かしながら真実に近づいていきます

活躍する場面は?

  • 判断や行動に十分な時間をかけることができる場面や役割
  • 何かをはじめるときの計画段階(初期段階)
  • 情報を分析したり、そのなかからパターンを見つける役割
  • 重要なことについて相談を受ける役割

おすすめのアクション

  • 相手のはなしをすべて分析するのはやめましょう。自分が話したことについていちいち「そうではない可能性」を返されると、腹を立てるひともいます
  • 意見を言うときはできるだけ柔らかい表現を選びましょう。分析し尽くされた意見をそのまま伝えられると、逃げ場がなくて心が折れてしまうひともいます
  • 考えたいときは「ちょっと考えてもいい?」と一言ことわりを入れましょう。何も言わずに考えこむと、不機嫌だと思われることがあります
  • 分析する時間があるときでも、それがいつまで可能なのかを意識しましょう。他の人にとって分析することは、別の何かを成し遂げる手段に過ぎないのです

資質の組み合わせのアイデア

自分や他者の上位資質で、組み合わせて活用することで相乗効果を発揮しそうなものを挙げています。なお、実際には資質の組み合わせに制約はありません。自分の意思と工夫で、どの資質どうしの組み合わせであっても相乗効果を得ることができます。ぜひ工夫し続け、自分の必勝パターンを見つけてください。

  • <競争性>との組み合わせ
    • 成功に満足することなくその要因を考え続け、次の成功につなげる
  • <慎重さ>との組み合わせ
    • リスクを回避するためにできる限りの調査を行い、主観で判断しないように定量的に評価する
  • <責任感>との組み合わせ
    • 誠実であるために、真実を追求する

※「ストレングスファインダー」およびその各資質名は米国Gallup社の登録商標です
※上記記載内容は弊社の知見に基づく独自の考察であり、この資質の標準的な特性と思われるものです
※資質名は同じでも、実際に含まれる才能は人によって異なります。自分だけの才能を正確に知るにはストレングスファインダーを受験し、レポートを参照してください。